So-net無料ブログ作成
検索選択

一人暮らしの女性は特に必見!安全生活アドバイザー、佐伯幸子さんに“守りの極意”を聞く! [ライフスタイル]

6月9日(月)、六本木のハードロックカフェ東京において「6月9日=ロック(錠前)の日」と題して、美和ロック株式会社による防犯セミナーおよびトークイベントが開催されました。女優兼エッセイストの松居一代さんが、“鍵大使”に任命されたほか、一人暮らしの女性を狙った犯罪が増加している昨今をうけて、安全生活アドバイザー・佐伯幸子さんが、鍵を中心に役立つ防犯ポイントを解説。アナタは普段から鍵に気をつけていますか!?

アナタは安全な鍵を使っていますか?
きちんとドアをロックして、犯罪者をブロック!

 六本木のハードロックカフェで行われた今回のイベントでは、「6月9日はロック(錠前)の日! 家庭のセキュリティはカギから」というテーマで、鍵と家庭の防犯対策に関する講演が行われた。
 まず前半は、元警視庁刑事部捜査第三課の富田俊彦さんから、最近の犯罪傾向および、CP鍵(国土交通省、経済産業省・建物部品関連団体の評価を受けたセキュリティ能力が強い鍵のこと)の使用について、アドバイスをいただいた。
 その後、安全生活アドバイザーの佐伯幸子さんが「ライフスタイル別・家庭の犯罪ポイント」というテーマで、セミナーを行った。佐伯さんは、先日の江東区のマンション事件を受けて、一人暮らしの女性へ向けて防災アドバイスを行い、「安全は、日頃からの少しの心がけから手に入る。玄関の鍵はきちんとかける習慣をつけましょう」と、鍵の重要性について語った。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

一人暮らしの女性は特に必見!安全生活アドバイザー、佐伯幸子さんに“守りの極意”を聞く!

徹底調査!! 絶対に失敗しないルームシェア 第1回 [ライフスタイル]

都会暮らしの憧れの秘策!! ルームシェアのウラとオモテを完全研究

4月に新しい生活が始まり、5月病もようやく抜け出したというあなた、新生活に慣れてみると、今の住環境は、ちっと向いてないな、、、なんて思っていませんか? 会社(学校)から遠かったり、ご両親の心配が過剰気味だったり、朝のラッシュが凄すぎたり。

新生活のスタートといえば春。各不動産に訪ねてみたところ、入学や就職が決まってお部屋探しをし始めるのが2月~3月。最近では、合格発表や内定の時期が早まっているため、ピークも以前より早まって、2月中旬には物件数が非常に品薄な状態になることも珍しくないらしい。でも、それはワンルームタイプの物件の話。
実は5月~夏にかけては人事異動の季節でもあり、ファミリータイプの物件に空きが多数出るそうなんです。そこで、一人暮らしを計画しつつも乗り遅れてしまった方や、予算が足りなくて諦めせざるをえなかった方に提案したいのが、今人気が高まりつつある「ルームシェア」という居住スタイル。今回MoPiXでは、そんなルームシェアについて、真面目に研究してみました。
[ルーム-シェア](名)親族ではない赤の他人同士が、一つ屋根の下で共同生活を送ること。

 人気少女漫画『NANA』や、全米大ヒットドラマ『フレンズ』に影響を受けて、憧れを抱いた人も多いのでは? でも、安易にルームシェアを始めるのは、ちょっと待って! ルームシェアは「楽しい」とか「家賃の負担が軽減する」といったメリットを持つ反面、トラブルが起きる可能性だって秘めているんです。せっかくルームシェアを始めるのなら、「即解散」なんてことのないように、成功する秘訣を心得てから臨みたいものですよね。そこで今回、3回にわたって、これからルームシェアを始める方にも、現在進行中の方にも、役立つ情報をお届けします。

 第1回 ルームシェア実践組に直撃インタビュー
 第2回 ルームシェアコンサルタントに聞く! 快適ルームシェア術
 第3回 便利&こだわりインテリアで、ルームシェアをもっと楽しく!

という順に、ルームシェアの実態や極意を紐解いていきますよ! 


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

徹底調査!! 絶対に失敗しないルームシェア 第1回

ダンディ坂野さんは再ブレイクなるか!?“元祖・一発屋芸人”の怪気炎! [カルチャー&ビジネス]

前回の記事で、“元祖・一発屋芸人”のダンディ坂野さんの今後を(勝手に)憂い、個性派占い師二人に占ってもらったMouRa。「さっそくダンディさんに結果を伝えなきゃ!」とまたもやおせっかい根性を炸裂させ、所属事務所であるサンミュージックへ。
梅雨時の不安定な天気をもかき消すような、鮮やかな黄緑色のスーツに身を包んだダンディさん。しかし、テレビでのイメージとは裏腹に、一見、気難しそうな表情。
ドキドキしながら、占い結果を報告! さて、ダンディさんの反応は……!?

■パンクロッカー占い師・ジョニー楓(かえで)さんの占い結果について

「今年の秋ごろにチャンス到来」という占い結果
はたして今年の状況は……!?

――おせっかいとは思いましたが、勝手に占わせていただきました(笑)。

坂野 本当におせっかいです。

――ではさっそく、伺います! ジョニー楓(かえで)さんの占い結果には、「今年の秋に最大のチャンスが来るから、それに合わせて芸風を新しくすれば良い」とありましたが……。

坂野 チャンスが来る、っていうのは嬉しいね。でも、「新しい芸風を考えれば」ってことは……、今の芸風じゃ駄目ってことですよね!? 今までもずっと、子どもに受けるような新しい芸風を作ってきたつもりだったんだけど……おかしいなあ(笑)。

――さらにパワーアップした新ネタを期待してるということです! ところで、「生まれつき真面目で謙虚な性格」という結果が出ていますが、これはいかがですか?

坂野 いやあ、非常に合ってると思います。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

ダンディ坂野さんは再ブレイクなるか!?“元祖・一発屋芸人”の怪気炎!

“代々木の甥”島田秀平氏に聞く、オリジナル手相術!あなたは「エロ線」ありますか? [カルチャー&ビジネス]

ホリプロコムのお笑い芸人、島田秀平氏インタビュー第2弾!!
お笑い芸人のかたわら、最近、“原宿の母”に弟子入りし、“代々木の甥”という名で手相占い師を行っているという島田氏。その腕前はもはやプロそのもの!
今回、MouRaのために島田氏がオリジナル手相を特別レクチャー!
手相を通じて、隠された自分が赤裸々に明かされちゃう……!?

“代々木の甥”襲名に隠された微妙な人間関係とは!?

――現在、“代々木の甥”として活動していますが、襲名することになったきっかけは?

島田 5年ほど前に、“原宿の母”と仕事で一緒になったことがあって、その時に「あんたは手相を見る力があるから教えるわよ」と言われたんですね。
 その後、興味があったので、ちょくちょく教わるようになりました。それで、学んだ知識をもとに、仕事の休憩時間なんかにスタッフの手相をよく見るようになったんです。
 そうやって勉強を続けて、自分でひと通り見られるようになったので、去年の夏ごろ“原宿の母”が、「もう見る力あるから、名前をあげるわよ」と言ってくださって。「じゃあ、あんたの名は……、“代々木の甥”ね」って(笑)。
 甥、っていう微妙な距離感が気になりますが……(笑)。それから、“原宿の母”の弟子ということで信用をいただき、本格的に手相占い師として活動しています。

――手相は、右と左のどちらを見るのですか?

島田 流派や国によって違うのですが、一般的に日本では、左手が「現在を表す線」で、右手が「生まれ持った資質を表す線」と言われています。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

“代々木の甥”島田秀平氏に聞く、オリジナル手相術!あなたは「エロ線」ありますか?

人類を驚かせたアニメ『電脳コイル』のイベント 『電脳コイルナイト』潜入ルポ [アニメ]

6月14日(土)、NHKで再放送中だった傑作アニメ『電脳コイル』の最終回に合わせて、新宿ロフトプラスワンで「電脳コイルナイト」が開催された。

イベントの開催前に、出演者が『電脳コイル』で原作・脚本・監督を務めた磯光雄、作画チーフの井上俊之、絵コンテ・演出・原画を担当した平松禎史らだと発表されると、『電脳コイル』ファンは騒然。磯光雄はあまりメディアにも登場しないので、生でトークが聞けるとなればそれも当然だろう。チケットはわずか15 分で売り切れ、1500円のチケットはオークションで10倍にまで高騰、さらにはわずかに発売された当日券も一瞬で売り切れるなど、異様な熱気の中でイベントは開催された。

会場には若いアニメファンを中心に、女性の姿も多く、また親子連れの姿も。『電脳コイル』という作品の幅広い人気を実感させる状況の中で「電脳コイルナイト」はスタートした。
*最後に磯光雄監督から「MouRa」読者の皆さんへのメッセージもあり!

■第1部、『電脳コイル』最終回の秘話からアニメ業界の構造まで

「電脳コイルナイト」の司会を務めたのは、徳間書店「アニメージュ」の久保田志乃氏。第1部は、まず原作・脚本・監督の磯光雄、作画チーフの井上俊之、絵コンテ・演出・原画の平松禎史が登場し、最終回を彼らのコメント付きで見るという豪華な趣向で始まった。

「この辺のヤサコの表情、直そうかなぁと思ったんだけど絵コンテを見たら私が描いた通りでした」など、映像を見ながら磯光雄がコメントすると、会場は笑いに包まれた。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

人類を驚かせたアニメ『電脳コイル』のイベント 『電脳コイルナイト』潜入ルポ

犬好き必見!! ワンちゃんたちも大喜びのイベント 『ドッグフェスタinお台場』レポート [ライフスタイル]

 5月17日(土)・18日(日)の2日間にわたり、お台場ヴィーナスフォートファミリーにおいて『ドッグフェスタinお台場』が開催されました。両日ともに、しつけ教室やフォトコンテストをはじめ多くのイベントが行われ、ワンちゃんや飼い主さんはもちろん、ワンちゃんを連れていない方も楽しめる企画が盛りだくさん。
 MouRaがおじゃましたのはイベント初日。大盛況だった会場のようすをお届けします!

 イベント当日はお天気にも恵まれ、人もワンちゃんも絶好のお出かけ日和。でも夏のように強い日差しの中で、ちょっぴりバテ気味のワンちゃんも!?
 会場には多くのイベントブースが並び、どこに行ってもたくさんの飼い主さんとワンちゃんたちで大にぎわい!カメラ片手に「かわいい~!」と、わが子のみならず他のワンちゃんたちの写真を撮る人の姿もちらほら。会場内で遊んでいるうちに、ワンちゃん同士もあっという間に仲良しになっているようでした。

ファッションショー&ポスターモデルオーディション

 メインステージでは、この夏オススメペットウェアを着たワンちゃんたちによる、ファッションショーが行われました。審査で選ばれたワンちゃんは、なんとショップ内に飾られる大きなポスターのモデル犬になれるとあって、みなさんはりきって参加! 観客がカメラを構えるなか、飼い主さんと一緒にステージに上がり、「ハイ、ポーズ」。ちなみに、ここで紹介されたペットウェアは、ヴィーナスフォートファミリー内にあるペットショップで購入が可能。

ハーツ大会

 ワンちゃんたちが飼い主さんのもとへ走っていき、目の前でしっかりと『おすわり』するまでのタイムを競いました。ちゃんとおすわりできる子もいれば、嬉しさのあまり(?)会場を走り回って飼い主さんを困らせちゃう子も。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

犬好き必見!! ワンちゃんたちも大喜びのイベント 『ドッグフェスタinお台場』レポート

映画『歩いても 歩いても』公開記念対談。“子役”のような音楽を自然に導く、是枝マジックとは!? [カルチャー&ビジネス]

2004年、カンヌ国際映画祭で最優秀男優賞(柳楽優弥)を受賞した『誰も知らない』。
この作品の是枝裕和監督と、音楽を担当したゴンチチ(ゴンザレス三上とチチ松村)が、最新作『歩いても 歩いても』で再びタッグを組んだ。

映像にすっと寄り添う音楽

──『歩いても 歩いても』の完成おめでとうございます。『誰も知らない』以来2作目ですね。

松村 そういえば『誰も知らない』の時は、どうして僕らを選んだんですか?

是枝 あの時は、子供には弦楽器が合うなと思い、いろんな方の弦の音を集めて、映像に当ててみたんです。そこで一番しっくりきたのが、お二人のウクレレ。ゴンチチさんの音楽の中で、音の鳴っていない「余白」の部分と、僕が映画の中でやりたいと思ってた「余白」のあり方、感情を全部出さずに、奥へしまっておくやり方のバランスが近いな、と思ったんですよ。だから僕が、一方的にラブレターを書いたんです。ところが、ゴンチチさんの曲を当てた仮の映像をお見せしたら、「もうそれでいいじゃない」っておっしゃいましたよね(笑)。

三上 粗編集のビデオを見せて頂いて、この作品はすごいな、と。そんな素晴らしい監督からお手紙を頂いて、一緒にお仕事ができるというのは、ものすごく嬉しかったですね。その後もいろいろ細かい要望を頂いたものの、全く無視して(笑)、好きなように作らせてもらいました。そんなふうに作って、映像と合わせた時、どんな化学反応が起きるのかが、面白いんです。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

映画『歩いても 歩いても』公開記念対談。“子役”のような音楽を自然に導く、是枝マジックとは!?

島耕作社長就任記念!弘兼憲史インタビュー「島耕作の25年」 [カルチャー&ビジネス]

5月25日に行われた『島耕作社長就任会見』は、様々なメディアで紹介され、話題を呼んだ。『島耕作シリーズ』は連載25年を迎えるが、島耕作はどのように生きてきて、そしてこれからどう成長していくのか? 作者である弘兼憲史氏に直撃インタビューを行った。

サラリーマン島耕作。彼が歩んだ25年

 2008年5月、日本一有名なサラリーマン・島耕作がついに最高のポストである社長に上り詰めた。初芝電器産業の五洋電機合併で誕生した、初芝五洋ホールディングスの代表取締役社長に就任したのだ。
 雑誌『モーニング』誌上で『課長島耕作』の連載が始まったのは1983年。作品舞台は同じく1983年の東京である。主人公の島耕作は35歳。開始当初は、初芝電器産業販売助成部宣伝課の係長であった。
 1947年に山口県岩国市で生まれた島は、戦後のベビーブーマー=団塊の世代のひとり。仕事にまい進し出世を願う、どこにでもいるようなサラリーマンだった。
 そんな彼が課長に昇進したことで物語は大きく動き始める。家庭生活の破綻を経験し、派閥抗争のむなしさを味わい、『島耕作』シリーズの連載は常に時代とシンクロしながら続く。とんとん拍子の出世のように見えるが、その道は平坦ではなかった。左遷や解雇の危機にさえ見舞われている島を、我がことのように見守った人も多い。
 2002年、本社取締役就任。島は上海地区担当役員として躍進著しい中国・上海で手腕を発揮する。2005年、常務。中国全土、さらにはインドへと活躍の場を広げた。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

島耕作社長就任記念!弘兼憲史インタビュー「島耕作の25年」

お笑い芸人・島田秀平が初の著書を出版!さっそくMouRaに新着“首都神話”をお届け! [カルチャー&ビジネス]

ホリプロコム所属のお笑い芸人、島田秀平氏が、5月28日に初の書籍『未確認噂話 首都神話』(小社刊)を出版した。島田氏が発掘した数々の噂話・神話を掲載したというこの本。今までの都市伝説とはひと味違った、誰もが気になる”首都神話”とはいったい……!?

アナタの身近にある未確認噂話……それが『首都神話』!

 首都神話とは、身のまわりにあるハッと驚く未確認噂話のことです。都市伝説と混同されがちですが、もっと身近で馴染みやすく、職場や飲み会で思わず話したくなるような話、それが首都神話です。
 僕はもともと小さいころから怖い話や噂話が好きで、芸人になってからも、楽屋や打ち上げでいろいろな人から聞いた話をずっと書き溜めていました。
 そこで今まで集めた話をもとに、昨年9月から、怖い話だけでなく、タメになったり感心するような噂話などをトークライブとして皆さんにお届けしているんですね。
 今回の新刊では、ライブから厳選された特におもしろい話ばかりを掲載しています!

北京オリンピックは開催されない!? 未来人、ジョン・タイターとは!?

 もうすぐ北京オリンピックが開催されるので、オリンピックにちなんだ首都神話を紹介しますと……。
 新刊にも掲載されているのですが、ジョン・タイターの予言ってご存知ですか?
 実は今、このジョン・タイターという人が密かに注目されているんです。この人は、2000年11月~2001年3月までアメリカインターネット掲示板に書き込みをしていた人物で、最初に「私は2036年から来ましたジョン・タイターです」って現れたんですね。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

お笑い芸人・島田秀平が初の著書を出版!さっそくMouRaに新着“首都神話”をお届け!

「アペリティフの日」にはフランス産生ハムを! [カルチャー&ビジネス]

食を楽しみ、人生を楽しむことを生活の基幹におくフランス人のライフスタイルに欠かせない習慣といえばアペリティフ。本来は本格的な食事の前に軽く飲む酒のことをいいますが、カフェやバー、家庭などの思い思いの場所で食事の前のちょっとした飲み物やおつまみを楽しみ、おしゃべりの花を咲かす幸せな時間を指す言葉としても使われます。ここ日本でも、あわただしい生活の中のほんのひとときを、がんばる活力を生み出すスイッチの切り替えタイムとして、じわりと浸透しつつあります。このアペリティフ、本場フランスのとっておきの生ハムとともに楽しんでみませんか。

毎年6月第1木曜日は「アペリティフの日」

フランス農水省提唱により、2004年からスタートした世界24ヵ国38都市で開催される地球規模のイベントで、今年は昨日の6月5日、六本木ヒルズアリーナ&テレビ朝日イベントスペースumuの特設会場において盛大に催されました。赤、白、青のフランス国旗を模したテントの中では日本が誇るフレンチのトップシェフによる選りすぐりのアミューズ・ブース(一口大のおつまみ)がズラリ。これらは入場チケットに含まれる交換券と引き換えになります。また、協賛各社によるフランスのワイン、リキュールなどの酒類試飲ブースには絶えず行列ができるほどの賑わいぶり。特設ステージでのセレモニーの華やかさと相まって会場は終始、熱く、おいしい空気に包まれました。

「ジャンボン・ド・バイヨンヌ」上陸しました!

特筆すべきは、ここで試食した「ジャンボン・ド・バイヨンヌ」(バイヨンヌ地方の生ハム)のおいしさ! フランスではおなじみですが、日本には輸入量が極端に少ないため一般にはほとんどお目にかかることがなく、食通の間では幻の生ハムといわれていたものです。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

「アペリティフの日」にはフランス産生ハムを!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。