So-net無料ブログ作成

類は友を呼び、怪が笑を呼ぶ!古田新太の”怪”友録『魏志痴人伝』で笑え! [文芸]

一見まともな人でも
よ~く見れば普通じゃないところがある

圧倒的な存在感で、観るものに圧倒的な印象を残す、俳優・古田新太。彼が雑誌『ダ・ヴィンチ』で連載していたエッセイ『魏志痴人伝』が単行本化され、評判を呼んでいる。『魏志痴人伝』で描かれるのは、古田新太さんの知人の出来事なのだが、これが奇人変人のオンパレード。どうして古田さんの周囲には、変な人ばかりいるの? 古田新太氏に直撃した

「劇団☆新感線」の看板役者にして、テレビ、ラジオ、映画など多彩な分野で活躍を続ける怪優、古田新太さんの新刊『魏志痴人伝』(メディアファクトリー)がおもしろい……いや、おもしろすぎる。

 本書は、04年から『ダ・ヴィンチ』誌上で連載されていたエッセイをまとめたもの。帯の惹句に「なぜ古田新太の周りにはあほうばかりが集うのだ!?」とあるとおり、友人・知人、著名人から一般人、通りすがりのバカップルまで総勢41人、古田さん自身が直接見聞きした、そして肌で感じた愛すべき痴れ者たちの生態を克明に描写している。

 そもそも、なぜ古田さんの周辺には驚愕すべき痴人たちが集まってくるのか? そう尋ねると「演劇畑にいることも影響してるんじゃないですかねえ」と彼は答えた。


⇒⇒ 続きはMouRaの『MoPiX』で

類は友を呼び、怪が笑を呼ぶ!古田新太の”怪”友録『魏志痴人伝』で笑え!

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。